施術法の違い

顔に触れる女性

技術の高い所を選ぶ

二重整形の方法には埋没法と切開法という二種類の方法があると口コミでも紹介されています。これら二つの方法の違いはメスを使うか使わないかです。切開法はメスで切開をして、瞼を二重の状態にする施術法です。瞼に切り込みを入れて、深い二重のラインを作ります。必要があれば瞼についている不必要な脂肪を取り除く施術も同時に行えるので、目元の状態が大きく変化します。もしも、目元の印象を大きく変えずに二重にしたいという場合には、切開の量を少なくしたりして調整することができます。しかし、施術後に目が腫れている期間が一定期間続くので、生活をしていく上で人にばれてしまう可能性もあります。これに対して埋没法は糸を瞼に通して、瞼の内側をとめて二重を作ります。糸は髪の毛よりも細い医療用のものを使用しますし、簡単には着られることのない丈夫なものです。いとをとめる場所もわかりにくい場所になるので、整形をしたと気付かれずに過ごせる可能性があります。口コミの中でも人に知られずに整形したいという場合には埋没法が選ばれることが多いようです。口コミの中では切開法よりも埋没法の人気が高い傾向がありますが、安全性に関しては差はありません。メスを使わないということで埋没法のほうが安全だと思われることがありますが、埋没法でも失敗のリスクはあります。糸を通してとめるだけなので、簡単な手技ではありますが、それでも施術中にはなにが起こるかはわかりません。切開法はメスを使用しますが、よほどの特別な状態でない限り大きなトラブルが起こることはまれです。二重整形をする時には、もしもの時に備えて安全な方法を選択したいと考える人も多いようですが、どちらも安全性は同程度です。口コミでは失敗例なども紹介されているので、不安になることがありますが、失敗をしないためには技術の確かな担当医を選ぶことが重要です。失敗例の多くは十分なカウンセリングが行われていなかったり、説明不足であったりする事例が多いようです。口コミでは良い情報だけでなく悪い情報も載っているので、情報を総合的に判断することが大切になってきます。二重整形をする際には値段だけで選ばずに、技術が確かであるかどうかを基準に決めましょう。