手術後のダウンタイム

顔に触れる女性

注意点を守って生活する事

ぱっちりとした愛らしい目元になれるのが二重の美容整形です。二重の手術には華やかな二重になれる切開法と自然な二重になれる埋没法がありますが、最近は格安で手軽にできる埋没法が口コミで人気です。どちらの整形手術も劇的に目元を変えられますが、手術をしたあとに気をつけることがあります。注意点や過ごし方などについては、手術をする前に看護師さんのほうから説明があるので、その指示をしっかりと守ることが大切です。それは切開法でも口コミで評判の高い埋没法でも共通して言えることです。内出血・腫れなどのダウンタイムの悪化を防ぐために、手術当日は飲酒や入浴は控えること、そしてなるべく早めに寝ることが大切です。メイクは翌日からできますが、目元のアイメイクは一週間控えるのがおすすめです。洗顔やクレンジングのときは、目元はこすらないように優しく触れるように洗うのがコツです。腫れの度合いは手術の種類で多少違いますが、なるべく気をつけて生活をしていれば1カ月で目立たなくなります。整形手術後の経過や回復までの時間には個人差があります。一番起こりやすいのが皮膚の腫れです。切開する二重の美容整形手術だと、まぶた全体が腫れるのは避けられないですが、腫れがひきやすい人なら一週間もあれば落ちつきます。医師の技術が低かったり、まぶたに刺激を与えたりすると、腫れが長引くことがあります。縫い合わせた糸の抜糸があるのは手術をしてから6日から7日後なので、それまではまぶたに負担をかけず、安静にして過ごすことが大切です。埋没法は切らないぶん、切開法よりも腫れにくい手術です。ダウンタイムが少ないのも、埋没法が口コミで人気な理由の一つです。ただ、切開法にはなくて埋没法で起こりやすいトラブルが、元に戻ることです。埋没法は糸で縫い合わせているだけなので、なんらかの刺激によって糸が切れたりゆるんだりするリスクがあります。そうすると二重のひだが薄くなり、場合によっては元の一重になってしまうことがあります。ただし、口コミが良いクリニックで手術をして極度な刺激を与えないように生活をしていれば、埋没法でも半永久的に持続します。